支部のあらまし

同志社校友会米国西部支部は1983年1月18日に発足した。米国西部に在住の同志社、同志社女子の幼稚園~大学院の卒業生、在学者、教職経験者から構成されています。会員とその家族の親睦を計り、母校同志社と会員との交流、連帯を維持、促進する事を目的としています。 主な活動内容は総会ならびに新年会、バーベキュー、日帰り小旅行、ゴルフ大会、野球観戦 講演会企画開催等々。ロサンゼルスをはじめ、サンフランシスコ、サンディエゴ、シアトル地区に在住のメンバーで構成され、会員は20代から90代までの幅広い年齢層で構成されています。

会長挨拶

2022度の米国西部支部会長の山川有一でございます。

202242日に開催されました支部総会でご指名、ご承認いただきました。2020年度、2021年度に引き続きとなります。何卒よろしくお願い申し上げます。

42日の総会は、コロナ禍以降、初めての実開催となりました。202021日のラスベガスでの同志社校友会全米大会の際に行ないました西部支部総会以来です。その間、皆さんと顔を合わせるイベントも実施出来ずにおりました。今回は総会のあと、アウトドアでしたが食事会を行なうことも出来ました。

待ちに待った実開催の活動も少しずつ再開していきたいと思います。一方、コロナ禍のなかでオンラインを通じての新しい交流のあり方、方法というのも学びました。これからはオンラインでの活動も合わせて進めていきたいと思います。皆さんからのご提案とご協力をお願いします。

コロナ禍の2年の間に状況が変わられた会員の方も多くおられます。また新しく当支部にご参加いただいた方もおられます。改めて会員リストの整理を行ないたいと思います。

実開催のイベント、活動を行なってまいりませんでしたので、西部支部の支出は少なかったのですが、活動の再開とともに、それに見合う収入予算の検討を始めることとなりますのでご理解賜りたいと思います。ここ2年間は校友会本部(日本)からの活動協力金が主な西部支部の収入でした。

多くの制限が解除になった喜ばしい春を迎えましたが、まだ感染がなくなったわけでもありません。引き続き、気をつけて日々をお過ごしいただきますようお願いします。

 

20224 5日

同志社校友会 米国西部支部会長 山川有一

 

  2022年度役員

会 長    山川 有一

副会長    南本 良和

相談役    渋谷 尚武

幹事長    パストーレ 佳代

幹 事    白鳥 善之(ゴルフ)

       松本 建太郎

       吉桑 千代

       小林 祐子

会 計    ゴードン 光子

監 査    中村 安夫

地区幹事   俵  智江(シアトル)

       山口 裕司(ベーカースフィールド)

評議委員長  佐野 吉弘

評議委員   谷本 依宣

       川田 薫

       岩堀 規夫

       根木 寛明

(以上)